成田為三の「浜辺唄」の楽譜/「遠くへ行きたい」の楽譜

Play the guitar!
ギターは格好良い!ギターを叩けばパーカッション。
ギターは素敵!ギターの弦と弦を重ねて弾くと大太鼓・小太鼓。
ギターは面白い!擦っても弾いても叩いても色んな楽器に変身!
ギターは楽しい!だから独りで淋しい時は、ギターを弾こう!
仲間とギターを弾くならもっと楽しくなるよ!



kyouryu3の写真 2016.6.02

浜辺の唄/成田為三


梅雨入りの前後に、こんな曲がよく似合います。

♪あした浜辺を さまよえば〜

昔のことぞ しのばるる〜♪


昨日・今日と岐阜では晴天続きでしたが、朝晩肌寒い日が続きました。去年は、楽しみにしていたブドウも、毛虫の大量発生で葉っぱが全滅してしまいましたが、今年は、葉っぱの裏にも目をやって虫の有無を確認しながら、野菜にも使える殺虫剤を2回目の散布も終わりました。

作詞:林古渓 作曲:成田為三によるこの曲は、既にあった詩に東京音楽学校の生徒だった成田為三(22才)が、大正5年(1916年)に、あした(朝)に浜辺を 愛しい人の想いにふけりながら彷徨う様を描いて、曲をつけたと言われています。

楽譜コーナーのお勧め楽譜(斉藤松男著悠久のスタンダード編「クラシック・ギターのしらべ」)に「浜辺の唄」がありましたので、弾いてみました。殆どの題名が「浜辺の歌」になっているのに、この楽譜では「浜辺の唄」になっていますが、斉藤松男氏が御聴きしたいですネ!
楽譜「クラシック・ギターのしらべ」の「浜辺の唄」最初の数小節

この楽譜の難易度はAになっています。非常に弾き易いんでしょうが、低音部の休止符が気になって上手く弾けませんでした。今思えば休止符を無視した方が、逆に良かったかも知れません。

この浜辺の歌は、違う編曲によるものを録音していますので、そのうちに一つのサイトにまとめてみたいと思います。

この曲は、下の楽譜から弾きました
演奏会、ライヴで感動を誘うソロ・ギター曲が満載




2016.6.22

遠くへ行きたい


♪知〜らない町を〜 歩いてみたい〜

        どこか遠くへ 行きたい〜・・・♪

私が15才位の時、いつも観ていたNHKTV『夢であいましょう』でジェリー藤尾が歌っていた事を思い出します。
その後、多くの歌手によって歌われています、しかし、歌手でなく渥美清など俳優が歌うと格別味があって良いと思います。

作曲:中村八大 作詞:永 六輔のコンビは、坂本九の「上を向いて歩こう」(アメリカで「スキヤキ・ソング」として『ビルボード』のウィークリーチャート1位)などヒット曲が多数ありますが、この「遠くへ行きたい」も大ヒットして主題歌・CMソングにも使われ、一度は耳にした事があると思います。

今回、私の持っている楽譜の中から、北野友二の編曲による「遠くへ行きたい」を弾いてみました。メロデイーが低音から始まり、徐々に高く移行していく北野友二氏の編曲は素晴らしいですね!


楽譜「遠くへ行きたい」の最初の数小節


この楽譜が掲載されている国際楽譜の表紙。

所々破れたり、黄色に変色した箇所が、楽譜を購入してからの年月を物語っています。クロード・チアリとか素敵な曲が何曲も掲載されていてとても良い楽譜です。編曲家北野友二氏については、調べてみましたが残念ながら詳しく分かりませんでした。
国際楽譜発行の「Guitar Music Salon」の表紙



メトロノーム
昔ながらのメトロノームが使える便利なサイトです。

関 連 記 事

月別アーカイブ

2011
9 10 11 12

2012
1 2 3 4
5 6 7 8
9 10 11 12

2013
1 2 3 4
5 6 7 8
9 10 11 12

2014
1 2 3 4
5 6 7 8
9 10 11 12

2015
1 2 3 4
5 6 7 8
9 10 11 12

2016
1 2 3 4
5 6


曲 名 検 索