ギターを弾こう-インスピレーションinspiration

Play the guitar!
ギターは格好良い!ギターのブリッジの近くやギターのボディーを叩けばパーカッション。
ギターは素敵!ギターの弦と弦を重ねて弾くと大太鼓・小太鼓。
ギター面白い!擦っても弾いても叩いても色んな楽器に変身!
ギターは楽しい!だから独りで淋しい時は、ギターを弾こう!
仲間とギターを弾くならもっと楽しくなるよ!


インスピレーション-Inspiration

TV「鬼平犯科帳」のエンディングの際に流れる素敵な曲が、Gipsy Kingsのインスピレーション(Inspiration)と言う事を知り、ギター楽譜を色々調べて辿り着いたのが、http://youtu.be/eNq95DRzTFIのYouTubeサイトで、苦労しながら手にしたのが、下の様な楽譜でしたが、私には楽譜の表記が分かりづらいものでした。(2カポ指定で、タブ譜はその通りの表記だけど、五線譜はカポ無しでの表記になっています。)

8枚以上のプリントを繋ぎ合わせたGipsy KingsのInspirationのギター楽譜

そこで、他に良い楽譜がないかと探して見いだしたのが、長野文憲著「オラシオン〜祈り 永遠のギター・アルバム2」でした。

長野文憲著「オラシオン〜祈り 永遠のギター・アルバム2」のインスピレーションの最初の数小節

クラシックギターだからか、単に私のギターの特性か、それともリズムが悪いのか?ジプシーキング風の感じが出なくて、2フレットにカポタストをしてYouTubeに再投稿してみました。

ギターでの運指は、すべて後の事を考えて一番動きの効率が良い様に押さえるのが基本の様ですが、曲の早さを決めるのは何んでしょうか?

テンポの指定があれば、分かりやすいかもしれませんが、指定が無い場合、自分の感情のまま弾き始めると、そのテンポで弾ききれない箇所が出てきます。例えば、下記の楽譜は長野文憲著「オラシオン〜祈り 永遠のギター・アルバム2」のインスピレーションの一部ですが、6連譜の箇所が私にとって最大の難所と言えます。その為、この箇所が弾けるテンポを元に、全体の早さを決める必要があります。

楽譜「インスピレーション(Inspiration)」の中で、ネックとなる箇所

速いテンポを弾く場合は、最初に運指を決めておくと、迷うことなくスムーズに弾きやすいと、読んだ事があります。

私の場合、3連譜の3はmで3を弾きスラーで4を、6連譜の0はiで弾きスラーで2を,右手はそのまま(アポヤンド)iで2弦の3を弾き、1弦の開放弦(0)をmで、1をiで3をmで弾きます。次の6連譜の0は、iで弾きスラーで1、右手はそのまま(アポヤンド)iで2,mで0,後は交互にimで弾く事に決めました。

実際、思った通りには弾けていませんが、もっと速いテンポで弾きたいのなら、この箇所は強弱をつけたり、意識的に早めたり、遅くしたりして言葉は悪いですが誤魔化す必要があります。

探し回って、やっと見つけたGipsy Kingsのインスピレーション(Inspiration)の楽譜ですので、改めて一つのサイトにまとめてみました。

何と!最近購入した斉藤松男著「クラシック・ギターのしらべ 追憶のスタンダード編」の中にも「インスピレーション/Inspiration」が掲載されていました。編曲も同じ様な曲調になっていますので、もう少し早くこの楽譜が出ていたらなー!と思いましたが、勿論、長野文憲著「オラシオン〜祈り 永遠のギター・アルバム2」も素晴らしい楽譜で楽しんでいます。

斉藤松男編曲「インスピレーション」

曲 名 検 索