ギターを弾こう サラバンド-Handel Sarabande

Play the guitar!
ギターは格好良い!ギターのブリッジの近くやギターのボディーを叩けばパーカッション。
ギターは素敵!ギターの弦と弦を重ねて弾くと大太鼓・小太鼓。
ギター面白い!擦っても弾いても叩いても色んな楽器に変身!
ギターは楽しい!だから独りで淋しい時は、ギターを弾こう!
仲間とギターを弾くならもっと楽しくなるよ!


初めまして!moriyaです。よろしくお願いします。

サラバンド-Handel Sarabande

2012.8月頃この曲を聴いて大好きになり、紹介した事がありましたが、久し振りに今度はYouTubeにUPした次いでに、サラバンドだけ独立して一つのサイトにしてみました。(以前のmp3形式での録音ファイルの容量が大きく、サイトを開くのに時間がかかり過ぎる気がして、YouTubeにしてみましたが、実際の効果は分かりません。)

YouTube
 

レコーダーZOOM Q3に入れているSDカードの容量が小さく、楽譜通りに繰り返すと最後まで録画できませんでしたので、途中の繰り返しは省略しています。斉藤松男著「演奏会、ライヴで人気のソロ・ギター曲が満載」の楽譜「サラバンド」の最初の数小節

※サラバンドは、スペイン植民地で人気があった舞曲が、17世紀前半にヨーロッパ各地の宮廷に普及したと言われていて3/4拍子または3/2拍子のゆるやかな速度で、荘重な様式で知られています。
ヘンデル同様、バッハも幾つもの作品でこのサラバンド様式を扱っていて、この様式のファンの方も多くみえるようです。

禁じられた遊びの間奏部分に用いられている事でも、ギターファンの方にも馴染みのある形式かもしれません。

ゲオルク・フリードリヒ・ヘンデル(Georg Friedrich Handel, 1685年2月23日 - 1759年4月14日)
Johann Sebastian Bach ドイツ生まれでイギリスに帰化した作曲家。バロック期を代表する重要な作曲家の一人。彼は生涯の約3分の2をイギリスで過ごしており、イギリスでの活動歴が圧倒的に長いことから、英語名でジョージ・フリデリック・ハンデル(ハンドル、ヘンドル、George Frideric Handel)と呼び、イギリスの作曲家として扱うべきとする意見もある(少なくともイギリスではそのように扱われている)が、日本ではもっぱらドイツ名で知られ、ドイツの作曲家として扱われるのが通例である。
     ー出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』


曲 名 検 索