バッハのブーレ

Play the guitar!
ギターは格好良い!ギターのブリッジの近くやギターのボディーを叩けばパーカッション。
ギターは素敵!ギターの弦と弦を重ねて弾くと大太鼓・小太鼓。
ギター面白い!擦っても弾いても叩いても色んな楽器に変身!
ギターは楽しい!だから独りで淋しい時は、ギターを弾こう!
仲間とギターを弾くならもっと楽しくなるよ!




♪バッハのブーレ♪
(Bach's Bourree from Lute Suite BWV 996


クリックすると音楽が流れます音量にご注意下さい!

バッハの曲は、一見簡単そうに見えても、左手の運指が複雑で難易度の高い事でも知られています。勿論、その分ギターの練習には欠かせません。

BOURREE楽譜

ブーレとは、17世紀フランスで流行した舞曲で、初めは3拍子系の民俗舞踊であったが
のち宮廷に入って速い2拍子系の踊りとなった。器楽曲として古典組曲などにも採用。

それで、バッハの他にも例えば、Graf Logi(1638〜1721)なども同名で小曲を作曲しています。

Johann Sebastian Bach Johann Sebastian Bach(1685〜1750)
18世紀に活動したドイツの作曲家で、「音楽の父」と称されることもある。
ベートーヴェン、ブラームスとともに“ドイツ三大B”と呼ばれる。
バッハは作曲家というよりもオルガンの演奏家・専門家として高く評価されていたが、彼の楽曲は息子や弟子たちによって細々と、しかし確実に受け継がれ、1829年のメンデルスゾーンによるマタイ受難曲のベルリン公演をきっかけに「再発見」されて高く評価されるようになった。

バッハは幅広いジャンルにわたって作曲を行い、オペラ以外のあらゆる曲種を手がけた。その様式は、通奏低音による和声の充填を基礎とした対位法的音楽という、バロック音楽に共通して見られるものであるが、特に対位法的要素を重んじる傾向は強く、当時までに存在した音楽語法を集大成し、さらにそれを極限まで洗練進化させたものである。従って、バロック時代以前に主流であった対位法的なポリフォニー音楽と古典派時代以降主流となった和声的なホモフォニー音楽という2つの音楽スタイルにまたがり、結果的には音楽史上の大きな分水嶺のような存在となっている[1]。

バッハの作品はシュミーダー番号(BWV、「バッハ作品目録」 Bach Werke Verzeichnis の略)によって整理されている。
・・・・・・・・・・・・・・(出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』)

曲 名 検 索