ギター楽譜の見方

Play the guitar!
ギターは格好良い!ギターのブリッジの近くやギターのボディーを叩けばパーカッション。
ギターは素敵!ギターの弦と弦を重ねて弾くと大太鼓・小太鼓。
ギター面白い!擦っても弾いても叩いても色んな楽器に変身!
ギターは楽しい!だから独りで淋しい時は、ギターを弾こう!仲間とギターを弾くならもっと楽しくなるよ!



サアこれからギターを弾こう!と言う時、即ちギター初心者が最初に直面するのが楽譜です。
音符の見方だけでなく、一つ一つの音符がギターの何処を押さえるのか?理解出来ないかと思います。 私がギターを覚えた頃は五線譜しかありませんでしたが、最近は五線譜ではなくタブ譜しか分からないという人もいる様です。また、最近はクラシックの楽譜でも五線譜とタブ譜が上下に書かれているものがよくあります。
難しい曲の運指などはタブ譜が参考になる事があります。

例えば、ギターでは同じドの音でも2弦の1フレット・3弦の5フレット・4弦の10フレット等何処を押さえるのか参考にしたい場合、タブ譜は図解で示していますのでとても分かり易いです。

タブ譜は一度見方を覚えれば直ぐに理解出来ます。
しかし、五線譜だけしかない楽譜もまだまだ多くありますので、どうせ最初から覚えるのであれば、是非五線譜を覚えて頂きたいと思います。

タブ譜の見方

下にギターの6弦の開放弦ミから1弦の開放弦ミまでの音をそれぞれ五線譜とタブ譜で表示しました。
よく見ますと、五線譜は文字通り5本の線、ではタブ譜を見ると6本の横線から出来ています。
これは各々ギターの1弦〜6弦を表していて、0は開放弦をその他の数字はギターのフレットの番号を表しています。
(例えば、五線譜で八分音符のド(赤色の♪)はギターの5弦の3フレットを弾きます。
これをタブ譜で示すと、下から2本目の線上(5弦)に3を(3フレット)長さは五線譜と同じ様に(8分音符)の表示します。

ちなみに、五線譜の下に横線があるのは、加線と言って、五線譜だけでは表示出来ないので追加して表記しています。タブ譜にはこの加線は無く、一番下の線(6弦)に数字で表記するだけで見やすいです。

五線譜とタブ譜の関係

上図の、赤く示した音符から上に向かってド・レ・ミ・フ・ァ・ソ・ラ・シ・ド・レ・ミ・・・と続き、下に向かってド・シ・ラ・ソ・ファ・ミ・・・と呼びます。

この呼び方は、イタリア語ですが、英語では赤い音符から上に向かってC・D・E・F・G・A・B・C・D・E・・・と続き、下に向かってC・B・A・G・F・E・・・と呼びます。
また、あまり使われませんが日本語では、同じようにハ・ニ・ホ・ヘ・ト・イ・ロ・と呼びます。

最近の楽譜は親切に、五線譜とタブ譜の両方が掲載されている場合が多くありますので、五線譜での指の動き等の不明な所は、タブ譜を参考にする事が出来ます。例えば、下図の楽譜はマラッツの「スペイン・セレナーデ」ですが、上段が五線譜で下段がタブ譜です。同じ曲とは思えませんね!

実際の五線譜とタブ譜の例

※最近、オスカーロペスのクラシカルソウルの楽譜を調べていたら下図の様なタブ譜がみつかりました。
この様なタブ譜ですと、恐らく6弦を1音下げてレにして、カポタストを3フレットにする様にと言う指示は理解出来るとおもいますが、音符の長さなどが解らなくて、元の曲調を知っていないと正確に演奏出来ないと思います。

オスカーロペスのクラシカルソウルのタブ譜の一部

五線譜の見方

五線譜の見方

演奏順序

D.C.(ダ・カーポ)の場合、曲の最初に戻りますので次の様になりますD.C.(ダ・カーポ)の場合の演奏順序

D.S.(ダル・セーニョ)の場合、セーニョマークまで戻りますので次の様な順番になります

D.S.(ダル・セーニョ)の場合演奏順序

音部記号

ピアノの楽譜等は低音部のヘ音記号も表記されますが、ギターの場合はこのト音記号だけで表記されます。
それで「音符と弦・フレットの関係」でも図示してある様に、低音部ドの音より下の例えばファの音は横線が
3本で表示されます。慣れるまで指でドシラソファと勘定しながら確認する事になりますが、直に慣れます。
ヒント その他の音部記号その他の音部記号
TOP

調子記号

♯♭が曲の最初に付いていて、その曲全般に有効とされる(途中で変調の指示がある場合もあります)
例えば、ト長調はファに♯が付いていますので曲全体を通してファの箇所は全て半音上げます。
(1フレット上を弾く)逆にニ短調の様にシに♭が付いていれば曲内の全てのシを半音下げて(1フレット下げて)弾きます。

※長調と短調の調子記号と主音の関係、及びその覚え方等より
詳しい説明はこちらのページを参照して下さい。

※各種長調と短調の記号は次を参照して下さい!

速度記号


記 号
呼び方
この記号の意味する速度
Lento
Andante
Moderato
Allegro
accelle
rit.
レント
アンダンテ
モデラート
アレグロ
アッチェルランド
リタルランド
遅く
歩調並みに
中位の速さで
速く
次第に速く
次第に遅く

強弱記号


記 号 呼び方 この記号の意味する強さ
強弱記号図 ピアノ
メツォピアノ
ピアニシモ
フォルテ
メツォフォルテ
フォルテシモ
デミニエンド
デミニエンド
弱く
やや弱く
非常に弱く
強く
やや強く
非常に強く
次第に弱く
次第に強く

音符の種類と拍子の取り方

(※例えば、休止符が 休止符の場合八分音符の八分音符と同じ長さ休止します。)

他にも♪.の様に点が付いているものを付点音符と言い、点が付いている音符の半分の長さを加え一つのグループとして勘定します。↓

付点音符の数え方

メロディーを単音で弾く場合はと違って、伴奏も弾く場合音が音符の長さ以上にいつまでも響いていると、不協和音になり聴きづらくなる場合があります。

そんな時には、音符の長さで消音する必要があります。

南澤大介氏が消音の大切さを説明していますので、ご覧下さい。

臨時記号

調子記号が曲全体に有効なのに対して、臨時記号は付いている小節に有効です

臨時記号と例図

例えば、ソの音に付いている臨時記号(♯)は小節内有効ですので、その小節内の後のソも、記号が付いていませんが同様に半音上げて弾きます。
3番目のソにはナチュラル記号がついていますので、もとの音に戻します。

ダブルシャープ(重嬰記号)

この記号が付いた音は、通常の半音ではなく1音高くひきます。例えば、この場合ファにダブルシャープが付いていますので、通常♯の為半音あがりますが、更に半音高くソの音を弾く事になります。

拍子記号

拍子記号の種類
例えば、左端の四分の四拍子の場合。
分母の4は一拍に数える音符を表し、分子の4はその音符が一小節内に幾つあるかを示します。
(この場合分母の4が四分音符を示し、分子の4が4個ある事を示します)
 

曲 名 検 索