ギター楽譜 調子記号

Play the guitar!
ギターは格好良い!ギターのブリッジの近くやギターのボディーを叩けばパーカッション。
ギターは素敵!ギターの弦と弦を重ねて弾くと大太鼓・小太鼓。
ギター面白い!擦っても弾いても叩いても色んな楽器に変身!
ギターは楽しい!だから独りで淋しい時は、ギターを弾こう!仲間とギターを弾くならもっと楽しくなるよ!

メトロノーム
昔ながらのメトロノームが使える便利なサイトです。

関 連 記 事

e87.com(千趣会イイハナ)


月別アーカイブ

2011
9 10 11 12

2012
1 2 3 4
5 6 7 8
9 10 11 12

2013
1 2 3 4
5 6 7 8
9 10 11 12

2014
1 2 3 4
5 6 7 8
9 10 11 12

2015
1 2 3 4
5 6 7 8
9 10 11 12

2016
1 2 3 4
5 6



調子記号

♯♭が曲の最初に付いていて、その曲全般に有効とされる(途中で変調の指示がある場合もあります)
例えば、ト長調はファに♯が付いていますので曲全体を通してファの箇所は全て半音上げます。
(1フレット上を弾く)逆にニ短調の様にシに♭が付いていれば曲内の全てのシを半音下げて(1フレット下げて)弾きます。

調子記号を理解するには、下図の音階とその名称とを把握しておく必要があります。

音と呼び名と周波数の関係図

調子記号とその名称を記憶するには、ハ・ト・ニ・イ・ホ・ロ・ヘ・ハ又は、ヘ・ロ・ホ・イ・ニ・ト・ハと丸暗記する人もみえるようですが、音楽の試験などの際には、確かにこの方法は有効かもしれませんが、直ぐに忘れそうですネ!?

下図は、私の記憶方法です。ハ長調・イ短調で♯がつく場合は、それぞれ各5度、♭がつく場合はそ、れぞれ各4度上に数える方法です。下図にも説明しておきましたが、例えば、ハ長調に♯が付く場合、ハから始めてハニホヘトと5番目のト長調が♯1つ、♯2つはトから数え始めてトイロハニと5番目のニ長調になります。
同じように、ハ長調に♭が付く場合、ハからハニホヘと4つ数えたヘ長調に♭が1つ、♭2つはヘトイロとへから4番目の変ロ長調(フラットの場合、頭に変をつけます。♯の場合は、嬰をつけます。)なります。に

短調の場合は、基本がイ短調から始まりますので、♯が付く場合は、イから5つ数えイロハニホのホ短調、♭が付く場合は、イから4つ目のニ短調になります。♭が付く場合は、基本のイから数えて4番目のニに♭が1つ付いて、ニ短調、♭2つの場合は、ニから4番目のト短調となります。

※頭の中で数えるよりも、指を折って数えた方が分かりやすいです。
※♭の場合、上に4度上げますが、下に5度下げて勘定でも良いです。
私は、上に4度上げた方が数えやすいのでそうしています。


調子記号と主音の関係

何故ト長調は、ファに♯をつけるのか?何故ニ長調には、ファ・ドに♯が付くのだろうか?等と考えた事はないでしょうか?

この考え方も、私独自の考え方ですが、次のように考えました。

 長調の場合の考え方 

基本は、ハ長調C D E F G A B Cで、EFとBCが半音の位置関係(全音・全音・半音・全音・全音・全音・半音)になります。

では、ト長調は主音がト(G)で、G A  C D E F G です。ハ長調の形(全音・全音・半音・全音・全音・全音・半音)にする為には
Bは元々半音、Fに#を付けるとEFの間が全音になり、FGが半音の位置関係になる。

同様に、ニ長調は主音がニ(D)で、D E F G A  C D です。ハ長調の形(全音・全音・半音・全音・全音・全音・半音)にする為には
F・Cに#を付けると、EFは全音に、CDは半音の位置関係になる。

ヘ長調の場合の考え方も同じです。

ヘ長調は主音がヘ(F)で、F G A  C D E Fです。ハ長調の形(全音・全音・半音・全音・全音・全音・半音)にする為には
Eは元々半音、半音Bに♭を付けると、BCが全音に、ABが半音の位置関係になる。

  短調の場合の考え方 

基本は、イ短調でA  C D E F G で、BCとEFが半音の位置関係に(全音・半音・全音・全音・半音・全音・全音 )なります。

では、ホ短調はE F G A  C D  で、主音がホ(E)で、イ短調の形(全音・半音・全音・全音・半音・全音・全音)にする為には
Bは元々半音の位置にあり、Fに#を付けると、EFが全音の位置関係に、FGが半音の位置関係になる。

※各種長調と短調の記号は次を参照して下さい!

曲 名 検 索