チューニング方法

Play the guitar!
ギターは格好良い!ギターのブリッジの近くやギターのボディーを叩けばパーカッション。
ギターは素敵!ギターの弦と弦を重ねて弾くと大太鼓・小太鼓。
ギター面白い!擦っても弾いても叩いても色んな楽器に変身!
ギターは楽しい!だから独りで淋しい時は、ギターを弾こう!
仲間とギターを弾くならもっと楽しくなるよ!

メトロノーム
昔ながらのメトロノームが使える便利なサイトです。


関 連 記 事

e87.com(千趣会イイハナ)

月別アーカイブ

2011
9 10 11 12

2012
1 2 3 4
5 6 7 8
9 10 11 12

2013
1 2 3 4
5 6 7 8
9 10 11 12

2014
1 2 3 4
5 6 7 8
9 10 11 12

2015
1 2 3 4
5 6 7 8
9 10 11 12

2016
1 2 3 4
5 6




 チューニング方法

ギターの各弦と音の関係図

ギターの音は6弦で各々上図の様な関係にあります。

ドレミファソラシドの音階で、ミとファ・シとドは半音、それ以外は1音分間を空ける事。ギターの一つのフレットが移動すると、音階では半音移動する事を覚えておいて下さい。

例えば、6弦の開放弦(図の一番下)はミの音で、半音上がった所(1フレット目)がファの音です。次いで1音上がった3フレット(半音分が1フレットですので、1音分は2フレット上の3フレット目)がソの音になります。そして、更に1音(2フレット)上がった5フレット目がラで、これは、5弦の開放弦と同じ音になります。

では下の図をご覧下さい!

調弦の仕方

ギターの開放弦の音は、6弦はE(ミ)、5弦はA(ラ)で6弦の5フレットと同じ音、4弦はD(レ)で5弦の5フレトと同じ音、3弦はG(ソ)で4弦の5フレットと同じ音、2弦はB(シ)で3弦の4フレットと同じ音、1弦はE(6弦より2オクターブ高いミ)で2弦の5フレットと同じ音になります。

では、近くに、ピアノかハーモニカなどがあればそれぞれの音を出して貰ってその音にあわせる事が出来ます。しかし、基調となす音源が無い場合は、ギターを一弦ずつ調弦してゆく事になります。
先ず6弦の音を決めたら、下の(1)〜(5)の様に繰り返して順次合わせていく事が出来ます。
(1)→6弦の5フレットを押さえた音と5弦の開放弦即ち何処も押さえずに弾いた 音を合わせます。
(2)→5弦の5フレットを押さえて弾いた音と4弦の開放弦を弾いた音をあわせます。
(3)→4弦の5フレットを押さえて弾いた音と3弦の開放弦を弾いた音をあわせます。
(4)→次は3弦の4フレットを押さえて弾いた音と2弦の開放弦を弾いた音をあわせます。
(5)→2弦の5フレットを押さえて弾いた音と1弦開放弦を弾いた音をあわせす。
(6)→最後に6弦の7フレット(B)のハーモニックス音と2弦の開放弦(B)の実音
5弦7フレット(E)のハーモニックス音と1弦の開放弦(E)の実音を再調音してくと良いと思います。(※ハーモニックスを参照の事

調弦してく際に、伝言ゲームの様に少しずつ音が外れてしまう可能性がありますので(1)〜(6)を2〜3回繰り返します。

では6弦の音はどの様にしてあわせるのでしょうか?  

そこで登場するのが音叉です。音叉は普通ラの音(440Hz)ですので、最初に音叉を鳴らして5弦の開放弦を音叉の音に合わせます。(鳴らした音叉を耳に当てたり、ギターの表面板に当てて大きくすると聴きやすい)また、5弦の12フレット・6弦の5フレット等ラの音の箇所の所の弦に触れると音が共鳴して分かり易いので一度試してみて下さい。 音叉をギターの表面番に当てたところです

その後、上記の(1)若しくは(2)(3)(4)(5)(6)の順番で調弦していきます。

調弦は結構面倒ですし、弦が新しい内は頻繁に調弦する必要があります

しかし、最近のチューナーは非常に便利です。私も下記のとおりKORG AW-2と言うチューナーを買ってからは非常に楽になりましたので、是非お薦めしたいと思います。

ギターのヘッドにチューナーを挟んで、6弦から1弦ずつ順番に鳴らしてチューナーの画面の中央に線が来るように弦を調節するだけですし、高くても低くても三角印が出て指示し、微妙な音程もアルファベットの♯気味か♭気味かを指示してくれるので分かり易いです。

(※機種によって表示の仕方がことなります。)

(※音叉・チューナーはguitarshopのアクセサリーコーナーを参照して下さい

面倒な調弦も非常に楽ですね!

押尾コータローによるオープンチューニング解説


曲 名 検 索